京香です。

今回は「知ってる?サイトの滞在時間ってものすごく重要です。」です。

 

では、楽しんでいきましょーーー☆


~ブログの滞在時間を伸ばそう~
参考記事 :  解析ツールを設置しましょ。(Googleアナリティクスについて)

 

 
私たちアフィリエイターの使命は、

 

「読者さんに喜ばれる為になる記事を提供すること。」

 

だと思いますが、

 

これは読者さんに限らず、
結局、自分たちもビジネスとして結果が
出る大きなポイントにもなります。

 

そこで、あなたのブログが、
読者さんに喜ばれているかどうかわかる目安になるものとして、
ブログの滞在時間があります。

 

自分のブログに訪問してくれる
読者さんの滞在時間について気に留めて見たことありますか?

 

 

以前、ご紹介したGoogleアナリティクス(無料の解析ツール)には、
様々な解析項目がありますよね。

 

ページビュー、直帰率、ユーザー、セッション・・・。

 

もちろん、どれも大切なのですが、

 

 

その中に「平均セッション時間(滞在時間)」というものがあります。

 

 

この平均セッション時間
結構、自分のサイト運営にとって大きなポイントになるんです^^

 

 

セッションとは?

 

Googleアナリティクスでは、セッションとは、

ユーザーがウエブサイトやアプリなどに積極的に関わっている期間

 

のことを示すとなっています。

 

たとえば、ある読者さんが、あるブログの記事を1ページ読みました。
その時に、セッション1になります。

 

そして、他の記事に移ってもう1つ記事を読みました。

その場合でもセッション1です。

ただし、ページビューは2です。

 

また、

記事を見たまま、他のタブに移りそのまま放置・・・
となる場合もよくあることだと思うんですけど、

 

その場合は、たとえ、開居た状態のままであっても
積極的にWEBサイトに関わったことにはならず離脱とみなされます。

 

その時間は約30分。

 

30分過ぎると、一旦、セッションが切れてしまいます。

 

そして、例えば40分後にまたそのサイトに戻って
違う記事を読んだとしたら、
それは、新しいセッションだと認識され1セッションとカウントされる。

 

という仕組みになっています。

 

このセッションの平均値が「平均セッション時間(滞在時間)」となります。

 

 

平均セッション時間が、ブログの質を判断する。

 

もちろん、平均セッション時間というのは、
1つの指標に過ぎないですが、
SEO的にも大きな判断材料になります。

 

検索エンジンはロボットです。

 

 

2つの同じジャンルのブログ、たとえば、
Aという情報商材をレビューをしているサイトがあって、

 

1つは、平均セッション時間が、20秒、

もう1つは、3分だったとしたら、

どちらのレビューサイトを見たいと思いますか?

 

 

20秒ほどしか平均的にいないサイトだということは、
訪問して来ても、ざっと見て終わりか、コンテンツが少ないか・・・。

 

そう思ってしまいませんか?

 

検索エンジンは、ユーザーの行動から、
ウエブサイトを判断していきます。

 

なので、平均セッション時間って実は大切なんです^^。

 

あなたのブログが、読者さんのお役に立っているのなら、
当然ながら、

 

セッション時間も伸びてきますし、
セッション時間が伸びてくれば、
それはSEO的にも評価がついてくる

 

 

ということになります^^。

 

ブログを運営していく中では、
読者数やコンテンツの量を増やすだけでなく、
今あるブログにどれだけ読者さんが滞在してくれるか?

 
こういったことも考えながら、
ブログ造りをしていくことが大切です☆

 

 

応援しています!

 

 

一緒に頑張りましょーーーー☆

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!