京香です☆

 

今回は「SEO対策」にについて。

アフィリエイトを始めると、いろんなところでSEO、SEOという言葉を聞くことになるかと思います。
ちょっと今更聞きにくい、そもそも「SEO対策って?」について分かりやすく説明していきます。

では行ってみましょーー☆

 

 

ブログ運営をするなら・・・。

 

アフィリエイトをする上では、絶体に外せないキーワードの1つです。

 

あなたがアフィリエイトを始めようと自らサイトを立ち上げて記事(コンテンツ)を書いていきます。
記事を書き続けていれば、いろんなところから、訪問者が読みに来てくれるかといえば・・・、

 

残念ながらそんなことはありません。

 

分かりやすく言うと、ネット上にブログを立ち上げても、イメージとしては、ものすごく田舎の道に突然、自分のお店を出したようなものなんです。

偶然、通りかかって来店してくれることはあっても、何のPRも宣伝もしていないお店では、まず認知してもらうことから始めないといけないですし、勝手にどんどん集まってくるってことは難しいということは誰でも想像できますよね?

 

ネット上でもそれは同じ。

サイトを立ち上げて記事を書き続ければ、自然に人もどんどん集まるものだ・・・・というイメージは捨てて下さい。

 

じゃあ、自分のサイトにたくさん来てもらうようにするにはどうするのか?

 

 

その対策の1つが「SEO対策」と言われるものなんです。

 

 

 

SEO対策とは

アフィリエイトサイトにアクセスを集めるにはこのSEO対策が欠かせません。

他にも「集客」という意味では、リスティングやメルマガなどの手法はあるんですけど、基本はこのSEO対策です。

 

SEO対策は、自分のサイトにいろいろ対策を施して、サイトを強化し、検索エンジンに良質なサイトだと認めてもらって上位表示してもらえれば、みんなの目に留まりやすくなって訪問者が増えるという仕組みです。

 

現在の日本の検索エンジンは、Googleにほぼ一本化されています。
(日本では検索エンジンのシェアは、90%以上がGoogleです。他にはBingなどがあります。)

 

かつては、YahooとGoogleでは検索エンジンの仕組みから違いましたが、今は、Yahoo!は、Googleの検索エンジンを採用しているので、Googleに上位表示されれば、Yahoo!にも上位表示されるということになります。逆にいうと、Google に評価されないと検索エンジンからの訪問者は来てくれないということになります。

 

ポイントは、Googleはユーザーが評価するサイトを上位表示するということ。

なので、ユーザーがこのサイトは良いサイトだなと思うサイトを作ることが重要です^^。
あなたが自分のサイトを作り始めたら、ぜひ、このことを大前提として、意識しながら育てていってください☆

 

 

SEO対策の流れ

 

私が、アフィリエイトを始めた頃というのは、まだアフィリエイトという言葉が業界の人でも知られていないような時代でした。その頃のSEO対策というと、とにかく、色々な小手先のテクニックを使って上位表示を狙いました。

 

たとえば、コンテンツのボリュームを上げるために、コピーのようなほぼ同じ内容のページをとにかく作りまくったり、全く関係性のない他のサイトとリンクをし合うことで(相互リンクと言います)被リンクをもらって、サイトに価値を持たせたりしていました。

 

この頃の検索エンジンは、文章の内容云々というよりは、ボリュームや外部からの接触回数など、「形」でサイトの評価を判断する傾向にあったんです。

 

これを、もし、今、あなたが同じようなブログの作り方をしたら、きっと、一発でスパム行為として検索エンジンから外されてしまうと思います。(スパム行為とは、WEB上での迷惑行為全般のこと)

 

今の検索エンジンは、ものすごく進化してきて優秀になっています。

 

小手先のテクニックは通用しなくなってきて、

「どんな内容なのか?」
「読者さんにとってわかりやすく有益な情報なのか?」

このことをきちんと判断するようになってきています。

 

ですので、私たち、サイト運営をする側も、この検索エンジンの判断基準に従ってコンテンツを作っていくことで、サイトも認められるようになってくるはずです。

 

 

Googleの理念

 

SEOのカギを握るGoogle。
SEO対策に取り組むなら、そのGoogleがどんな理念を持って、何を目指しているのかはぜひ知っておきたいところですよね。

Goolgeの会社情報として、公開されている「Googleの理念」には「Googleが掲げる10の事実」として、10個の理念があげられています。

Googleが掲げる10の事実

1:ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
2:1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。
3:遅いより速いほうがいい。
4:ウェブ上の民主主義は機能します。
5:情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。
6:悪事を働かなくてもお金は稼げる。
7:世の中にはまだまだ情報があふれている。
8:情報のニーズはすべての国境を越える。
9:スーツがなくても真剣に仕事はできる。
10:「すばらしい」では足りない。
          -https://www.google.com/intl/ja_JP/about/

言ってみれば、Googleはこの理念に従って運営されています。
ということは、SEO対策もこれに従って行動すれば良いということになりますよね。

 

ポイントとなるものを見ていきますね。

 

 

1:ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる

 

「Google内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視していて、
新しいツールやアプリケーションを開発する時も、
もっと違う作りにならないのか?というような思いをユーザーに抱かせない
完成度の高いデザインを目指しています。」

とあります。

 

Googleは常に第一にユーザーの立場に立って考えています。
ですので、私たちも、常に読者さん目線でブログを作って行く必要があるということです。

 

 

2:1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番

 

「Google では、他の分野でも検索技術を活用することで、ユーザーが
生活のあらゆる面においてさまざまな情報にアクセスして利用できるよう努力を続けています。」

 

Googleは、WEB上での検索を行う会社ですよね。その自社の強みをしっかりと理解して、その部分をを極めることがとても大切だと述べています。

Googleのトップページを見ればそれは一目瞭然です。他のTOPページとは違って、広告なども一切ない最高のシンプルなページですよね。私たちのサイトも、あれもこれも述べるというよりは、1つの事をより深くしることが出来る特化したサイトを創っていく大切さを教えられます。

 

 

3:遅いより速いほうがいい。

 

『Google は、ユーザーの貴重な時間を無駄にせず、必要とする情報をウェブ検索で瞬時に提供したいと考えています。自社のウェブサイトにユーザーが留まる時間をできるだけ短くすることを目標にしている会社は、世界中でもおそらく Google だけでしょう。』

 

検索する上で、時間がかかるということはユーザーにとってストレスがかかるということを理解して、無駄な時間を使わせないということを重要視しています。

これを踏まえて、私たちも、なるべく読者さんにストレスを与えないスムーズなサイト創りをしていくことが大切です。

ブログの表示スピードを確認したり、サイト内の導線がスムーズであるかどうかなど、読者さんの行動の妨げにならずに、なるべく早く得たい情報を読ませるかということを意識していくということですね。

 

 

 

4:ウェブ上の民主主義は機能します。

 

「Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。」

 

他からのサイトからリンクを受ける(被リンク)ことを評価基準にしているとGoogleは語っています。

たくさんの支持を受けていると理解して評価するということですね。

先ほどの私の経験談のように、かつてはこの理念によって、ひたすらリンクをし合う小手先のテクニックで上位表示を狙っていた時代もありましたが、今は、「量」よりも「質」が必要になってきました。これも、はやり、ユーザーにとって満足度が高いことを優先にされてきた結果だと思います。

 

 

 

6:悪事を働かなくてもお金は稼げる。

 

「広告主様だけでなく、すべてのユーザーの皆さんにご満足いただくため、Google では広告プログラムで収益を上げている営利企業です。」

 

Googleからすれば、自社の采配で検索エンジンの順位も思うようにコントロールできるはずです。
でも、それをすれば、長期的に見たら信頼性はもとより、失うものの方が多いということを分かっている。

 

ビジネスというのは、小手先のテクニックだとか、悪用したり、目先の利益だけを求めるのではなくて、
しっかりと着実に堂々としていくことが大切だということですね。

 

 

10:「すばらしい」では足りない。

 

「Google にとって一番であることはゴールではなく、出発点に過ぎません。Google では、まだ達成できないとわかっていることを目標に設定します。そうすることで、目標達成に向けて全力を尽くし、期待以上の成果を残せるからです。」

 

何か目標を掲げて達成出来たら、またそこはスタート地点になると言っています。目標というのは、本当は掲げた時点で達成できると決まっています。なので、私的には目標は、自分のランクアップであって階段を1つ上ることだと思っています。

 

ブログを育てていくときにも、

「アクセスを伸ばすためにはどうすればいいのか?」

「もっと見やすいサイトにするにはどうしたらいいのか?」

「表示スピードを上げるにはどうすればいいのか?」

こんな風に、1つづつクリアしていくことで結果的に成果として着実に表れてくるはずです。

 

Googleは、この理念に従ってあれだけの企業に成長しました。理念がしっかりとしているからこそ、成長出来ているともいえると思います。私たちも例え、個人であってもネットビジネスをしていく上でしっかりとした理念を持って行動すべきですよね。

 

 

 

「外部SEO」&「内部SEO」

 

なお、基本的にSEOには、「内部SEO対策」と「外部SEO対策」といわれるものがあります。

 

 

 

内部SEO対策

内部対策とは、サイトの中の作りを検索エンジンに好かれるような構造にして評価を上げていくということ。

 

外部SEO対策

外部対策とは、自分のサイトが他のサイトからリンクを受けることです。

外からリンクをしてもらっているということは、そのサイトは、他のサイトから必要とされていると検索エンジンは判断して、サイトの価値が上がるということになります。

 

 

まとめます

 

私が運営しているWEBSHOPのホームページ専門業者と打ち合わせをしている時にもこのSEO対策についてはよく話が上がるんですけど、検索エンジンは、日々進化しているんですね。

 

数年前と比べても、ものすごく検索エンジン自体が変化しているので、そうなると、当然ながらSEO対策もそれにあった柔軟な対応が必要だということになります。

 

もちろん、基本のSEO対策というのはあるんですけど、これをやれば必ず上位表示できる、し続けるというものはありません。

 

なので、「ユーザーのことを常に考える」というGoogleの最大理念と共に、あなたのサイトが、みんなから良い為になるサイトだと思ってもらえるようなサイト作りを目指していきましょう☆

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!