メルマガ5つのルール

 

こんにちは、京香です☆

 

今回は、メルマガを書く時の基本の5つのルールについてです。
メルマガを書く基本のポイントを押さえておきましょう。

 

では、行ってみましょーー☆

 

 

 

メルマガとは

 

メルマガを書いていこうと考えた時に、どうやって書いていけば良いのか、何かルールとか書き方があるんじゃないかと考えたりしてしまいますよね。

 

メルマガは、あなたの読者さんに対して送っていくものなので、どのように書いていっても基本的には構わないと思います。

むしろ、メルマガにもあなたらしさというものがあった方がファンが付きやすいと思います。

ただ、メルマガを書くときに抑えておいてほしい基本のことがいくつかあります。

 

それをまずは押さえていきましょー☆

 

 

 

基本のルール1(テキスト形式)

 

メルマガで書くときには、テキスト形式のもので書いていきましょう。
メルマガには、テキスト形式で書くものとHTML形式で書くものとがあります。

 

メルマガの配信設定をする時には、

・テキスト形式

・HTML形式

この2つから選ぶことが出来るとようになっています。

 

テキスト形式とは
基本的に文字だけで構成されているメールのことを言います。いわゆる一般的なメールはこのテキスト形式です。

 

HTML形式とは、
HTMLタグを使うことが出来るメールのことで、文字の色や大きさを変えたり、画像や動画を取り入れたり、自由にレイアウトを変えることも出来ます。

 

一見、色々なことが出来るHTML形式の方がいいのでは?と思うかもしれません。もちろん、一概にテキスト形式が良いというわけではなくて、ジャンルやどんなメルマガかによって変わっては来ます。

 

ただ、私たちがネットビジネスをする上で送るメルマガについては、基本的にはテキスト形式をお勧めします。

 

なぜかというと、たとえいろんなレイアウトにしたり、画像や動画を取り入れたりしたHTML形式でのメールを送ったとしても、それが表示される状態というのは、受信者側の環境に影響されてしまいます。

 

読者さんの環境によっては、自分の思った通りに表示されていないことだってあるのです。

 

レイアウトにこだわったりいろんな施策をするのにはそれなりの時間もかかります。その割には、相手にズレた表示などになってしまったら、意味がないどころか、解除されてしまう可能性も高くなってしまいます。

 

また、メールの容量自体も大きくなってしまいますし、配信する数が増えて、画像も増えてくるとサーバーへの負担も大きくなってしまいます。セキュリティなどではじかれてしまうという可能性も高くなります。

 

もちろん、HTML形式にもメリットはあります。ビジュアル面で責めていくことも出来ますし、自分らしさや人との差別化も図りやすいです。
ですが、ネットビジネスをしていく上でのメルマガは、文章を読んでもらってファンになってもらうことでビジネスとして成り立っていくので、基本、テキスト形式のもので送っていきましょう。

 

 

 

基本のルール2(挨拶を入れる)

 

メルマガの書き出し部分は、やはり、自分の名前を名乗ってあいさつから始めましょう。

 

こんにちは、京香です。

これから始めます。

もし、肩書を決めているのであればその肩書も入れていくのもおススメです。

こんにちは、ネットビジネス起業コンサルタントの京香です。

であるとか、

ネットビジネス初心者脱出用メルマガ、京香です。こんにちは。

 

というように相手に自分をイメージさせるのにも効果的です。

 

そして、この書き出しのパターンは固定化していきましょうね。

 

 

 

基本のルール3(機種依存文字)

 

機種依存文字を使用するのは控えましょう。

機種依存文字とは、パソコンやOSに依存した文字のことで、異なった環境で表示をさせると誤作動したり文字化けの可能性がある文字のことを言います。

 

あなたのPCではちゃんと表示されている物でも、他の人のPCではきちんと表示されない文字って意外とあるものなのです。

 

絵文字なども、PCが違うと全く意味のわからない表示になっていたりしますよね。
ですので、機種依存文字の仕様は止めておきましょう。

参考URL 機種依存文字について

 

 

 

基本のルール4(特定電子メール法)

 

法律によって、メルマガには記載しないといけない「特定電子メール法」と言われるものがあります。

 

特定電子メール法・・「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」

 

以下のことは必ずメルマガに書く必要があります。

 

・メルマガ発行者の氏名や名称

・いつでも受信者さんがメールを拒否・解除できるようにしておくためのメルマガ配信解除ULRL

・メルマガ配信する者の住所や本名、そして連絡先のメールアドレス

 

これらをメール本文に直接書いても良いですし、もしくは、別のところに作成しておいてそのURLのリンクを貼って表記するという方法もあります。

 

 

 

基本のルール5(問い合わせ)

 

メールの最後には、読者さんからのお問い合わせや質問などを受け付けることが出来るメールアドレスを必ず記載しておきましょう。

 

メルマガで伝えたかったことがきちんと読者さんに伝わっているか、どんな読者さんがいるのか、感想やご意見などの読者さんの声を聞くことは、ファンになってもらったり、より読者さんとの関係を深めていく為には必ず必要なものです。

 

メルマガの最後のところでもいいので、読者さんがいつでもご意見やご感想などを送ることが出来る連絡先は入れておきましょう。

 

 

 

まとめ

 

これらの決まった文章は、テンプレート化しておくことをお勧めします。

 

作業効率化にもつながりますよね。

 

 

 

 

応援しています!

 

一緒にがんばりましょーーー☆

 


<<<期間限定>>>

10年近く、ネットビジネスをさまよって、
結果がゼロだった私が、再スタートではじめて、
たった5カ月でリストがゼロから500以上になり、月収24万円を突破しました。

「なぜ、稼げなかったのか?」

その理由はいくつか 思い当りますが、その中の1つに、
ネット初心者から脱出出来ていなかった。
という大きな要因があります。

なので、その為のレポートを作成しました。
レポートの内容を全て読めば、あなたはもう初心者脱出です。

アフィリエイト初心者から脱出し、稼げるようになりたい人は、
こちらからゲットしてみてくださいね!(↓)

『ネットビジネス初心者から脱出できるためのレポート』


 

 

ネットビジネスの初心者から脱出するための基本スキルのノートをプレゼント中!(↓)

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!