京香です☆

今回は、アフィリエイト用語から『ペラサイト』についてです。

 

アフィリエイトを勉強していると、
こういった「?」マークになるアフィリエイト用語ってたくさん出てきますよね^^;。

 

自分に今、必要ないワードであっても、
その意味だけでも軽く知っておくと、後で必要になってきたときに、
有効な手段としてスムーズに使えたり、
自分の中に取り込めやすかったりするので、
専門用語が出てきたら、とりあえずチラッとでもググってみる癖をつけると良いと思います。

 

では、楽しんでいきましょー。

 

ペラサイトとは、一言でいうと、ページ数が1ページしかないサイトのこと を言います。

 

普通、サイトを創る時はコンテンツありきで、
記事のボリュームを増やしていくことによって、
そのサイト自体に価値(SEO的にも)も上がってくるといわれますが、
(もちろん、ボリュームだけではありませんが。)

 

このペラサイトは、そもそも1ページしかないサイトを作ります。

 

コンテンツ数のないペラペラなサイト。ということですね^^。

 

あっ、あくまで、ページ数がペラペラであって、
内容がペラペラっていう意味ではないですからね!(笑)。

 

イメージとしては、アフィリエイト先に飛んだ時に現れる
ヘッダーやサイドバーがない1カラムだけで、
下に長くつながっているスタイルのものです。
ランディングページとも言います^^。

 

その長い1ページだけで、商品について説明し、紹介し、
そして成約につなげるというページを創ります。

 

 

 

ペラサイトのメリット。

 

1枚で作り上げるので、その1枚はとても長くなってしまいますけど、
ストレートに最初から最後までを一気に作るので、

サイト公開まで手軽に出来るということ。

そして、修正も簡単であるということ。

というのはメリットです。

 

規模あるサイトを創っていくには時間もかかりますし、
たとえば、あるジャンル、キーワードで創りこんでいて、
軌道修正したいと途中で考えた場合、
そのサイト修正にもかなり手間と時間が必要です。

 

でも、ペラサイトであれば、1枚のサイトにこだわらず、
どんどんまた、新しいものを創っていくという方法も取れます。

 

そして、手軽に出来るが故に、いろんなジャンルや商品を扱うことができます。

 

いろんなジャンルや商品のものをたくさん扱っていくということは、
アフィリエイトをする上でのリスクが分散されるということにもなります。

 

1つのサイトで大きく稼いでいたとしても、
もしそのサイトがダメになれば、収益も一気にダウンしてしまいます。

 

細かく稼ぐようなサイトをたくさんつくっておくと、
運営するという意味においては、
1つがダメでも大きなダメージとなることが少なくなりますよね。

 

 

では、ペラサイトのデメリットは?

 

比較的、簡単にサイトが作れるなら、
アフィリエイト初心者さんにも向いているんじゃないの?

と思われるかもしれないですけど、ペラサイトには、もちろんデメリットもあります。

 

まずは、SEOが弱い

 

コンテンツが縦に長いとはいえ、通常のサイトと比べると、
やはりボリュームとしてはかなり少なくなるので、SEO的にみるとかなり弱いサイトになります。

(➡ SEOとは?  SEOについてはこちらの記事を参考にしてくださいね☆ )

 

SEOが弱い分、アフィリエイトをするジャンルやキーワード選定がよりカギとなってきます。

 

通常のサイトは、サイト公開時はまだ子供で徐々に育てていくようなイメージですが、
ペラサイトの場合は、公開するときにはすでに大人になっているというイメージなので、
いかに、最初に、攻めるジャンルやキーワードを選定するかが大きなカギになってきます。

 

そして、ライティングスキルが必要であるということ。

 

ペラサイトの場合は、たった1枚で、ユーザーに対して、
商品の説明から始まって、そのページから離れず成約するまでを持ちこまなければいけません。

 

ということは、それだけの魅力あるライティング力が必要になってきます。

 

 

 

*****************************************************

ざっと、ペラサイトについて見てきましたけど、

 

このペラサイトをたくさん作っていくというアフィリエイトの手法で、
稼いでいるアフィリエイターさんもおられます。

 

 

前々回の記事でも、アフィリエイトの種類についても紹介しましたが、
こういったサイトの作り方というのがあるんだという事を知って、
そのサイトを生かしたアフィリエイトの手法もあるんだということを理解することで、

 

「コレ、自分なら出来そう!やってみたい!」

 

と思うものであれば、ぜひどんどんやってみてくださいね。

 

 

インプットしたら、次はアウトプットです☆

 

 

分からないことがあればいつでもご連絡ください^^。

 

応援しています☆

 

一緒に頑張りましょーー☆

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!