「ノートを書くと願いが叶う」というセミナーへ行ってきました☆

京香です☆
週末、私はあるセミナーへ行ってきました。

この本を読んで、とても興味を持ったんです。

幸運を引き寄せたいならノートの神さまにお願いしなさい

 

お時間があったら、ぜひ読んでみてくださいね☆^^

おススメです☆☆

 

この作者さんは、ものすごく当たると言われている占い師さんなんです。
もちろん、中身は占い的な話ではなく、
「書く」ということの重要性をとても上手く説明してくれています。

 

書くことによって、願いが叶うっていうものなので、
ちょっとスピリチュアル的要素もありますけど、
ま、そこはワタシも大好きなジャンルなんで、ご勘弁を・・・^^;。

 

そのセミナーでのお話しを一つ。

 

有名な話でもありますけど、
サッカーの本田圭佑選手や、私の大好きなフィギュアの羽生結弦選手、
ピカソやゴッホのような世界的有名人も、
自分の思いや願いは常にノートに書いていると言われていますよね。
この作者の丸井 章夫さんも、
社会人になったて初めて就職した会社をすぐにやめて、
次に転職した会社もまた3か月ほどしか続かなくて、
自分は、社会人として務まらないと思ったらしいです。

201603121

 

 

 

 
 

でも、働かなくてはいけない、
なのでその次の就職までの間、
ノートに自分の行きたい会社のイメージを毎日1カ月間書き続けらしいんです。

 

嫌なこんな上司はいなくて、
こんな仕事をさせてもらえて、
先輩と仲良くできて・・・

 

と具体的に毎日繰り返し書いていたらしいんですね^^。

 

そうしたら、入社した会社が
ノートに書いたそのまんまの会社だったんですって。

 

もう、とにかく本人がビックリされたんだとか。。。。

 

そこで、ノートの威力を確信したんだそうです。

 

人の脳って、善悪の判断がつかないですし、
現在、過去の区別もありません。
夢が現実かの判断も出来ないんです。

 

そして、脳は、認識したものを現実化するために働きだします。

 

なので、夢だろうが何だろうが、
脳に強く認識させたものが現実になる。

 

これは、脳科学的にも証明されていることなんですよ^^。

 

そういう意味からいえば、私たちが普段、「夢」と思っていることも、
それを脳は「夢」とは捉えないわけですよね。

 

夢も現実も同じなんです、脳にとって。

 

じゃあ、夢を認識してもらうべきだと思いません?^^

 

その認識させるためのツールがノートだというわけです☆

 

私も今日から、ホントかどうか実践してみたいと思います。
経過は、追って報告しますね。

ノウハウコレクターと同じで、
セミナーも行き出すとあれもこれも通うようになりがちなので、
意識してあまり行かないようにしていたんですけど、
たまにいくとやはりいろんな気づきがあって楽しいです☆

 

応援しています!一緒に頑張りましょーーー☆

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ