コーヒーとノートの画像

 

こんにちは、京香です。

今回は、1メルマガ1テーマについてです。
メルマガを書くときの「これでなければならない」をお伝えしていきます。

 

では、いってみましょーー☆

 

 

読者を混乱させてはいけない

 

メルマガを読んでくれている読者さんというのは、何かしらあなたの発信している情報に興味を持ってくれている人たちですよね。
例えば、私のこのブログを読んでくれているということは、アフィリエイトに興味のある人であるはずです。

 

ここに、私が同じネットビジネスで稼ぐことだからと言って、せどりのことも触れるようになって来たら、あなたも同じようにせどりやFXに興味を持ってくれるでしょうか?

 

中には、持ってくれる人もいるかもしれません。たまたま訪問してくれた時に、「今日は違う内容が書かれてあるな・・。」と逆に興味を引くかもしれません。

 

でも、その時は興味を持ってくれてもまた来た時に、今度はFXについて書かれてあったらどうでしょうか?

 

せっかく来てくれた読者さんが混乱してしまいますよね。混乱させた時点で、あなたのリピーターさんになってもらえる可能性は限りなく低くなってしまいます。

 

あなたのメルマガを読んでくれている読者さんというのは、あなたのブログのコンセプトにあった人が集まってきます。ですから、そのコンセプトからズレるようなテーマを持ち出すのはなるべく控えるようにしていきましょう

 

 

 

1メルマガ1テーマ

 

そして、1つのメルマガを書くときには、1テーマに絞って書いていきます

 

例えば、ある1通の送られてきたメルマガの内容が、

 

前半には、新しいレポートの紹介

中盤には、仲間の教材の紹介

後半には、今度行われるセミナーの紹介

 

となっていたらどうでしょうか?

 

 

読者目線でいえば、

「どうしようかな・・・。で、結局、どれが良いわけ?」と思いませんか?

 

通常、メールは上から下へと読んでいきますよね。上から読んでいった場合、最初に書かれてある新しいレポートの紹介のクリック率は高くなるかもしれません。

 

そして、そのURLをクリックして行った人はあなたのメルマガに戻って再度、読み始めてまた中盤の仲間の教材の紹介を読んでくれて、そして、また今度はセミナーの紹介を読んでくれて・・・・こんな風に最後まで読んでくれるでしょうか?

 

恐らくほとんどの人が離脱してしまいますよね。

 

メルマガを読んでいて、誘導のURLをクリックした読者さんというのは、また戻ってきて読み続けてくれるというコトはほとんどありません。

 

ですので、1通のメルマガを書くときには、1テーマに絞りましょう。

 

「今日のメルマガはこのことを書いているよ」ということを読者さんに分かりやすくしてあげます。

 

そのメルマガのゴールが、あるキャッシュポイントなのであれば、そこが出口だと意識して、そこへ誘導してあげるように、内容を書いてクロージングしていきます。

 

(クロージングとは?についてはこちらの記事を参照にしてくださいね。
→ 知っておかないといけないネットビジネス用語集(後編)

 

人は、いくつかに思考が分散されてしまうとそれを元に戻すのがなかなか難しいんです。

 

1メール1テーマで書いて行きましょう。

 

 

応援しています!

 

 

 

一緒にがんばりましょーーー☆

 


<<<期間限定>>>

10年近く、ネットビジネスをさまよって、
結果がゼロだった私が、再スタートではじめて、
たった5カ月でリストがゼロから500以上になり、月収24万円を突破しました。

「なぜ、稼げなかったのか?」

その理由はいくつか 思い当りますが、その中の1つに、
ネット初心者から脱出出来ていなかった。
という大きな要因があります。

なので、その為のレポートを作成しました。
レポートの内容を全て読めば、あなたはもう初心者脱出です。

アフィリエイト初心者から脱出し、稼げるようになりたい人は、
こちらからゲットしてみてくださいね!(↓)

『ネットビジネス初心者から脱出できるためのレポート』


 

 

ネットビジネスの初心者から脱出するための基本スキルのノートをプレゼント中!(↓)

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!