ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)って?

こんにちは、京香です☆

 

今回は、ダイレクトレスポンスマーケティング
ついてです。

 

アフィリエイトをするなら、
このダイレクトレスポンスマーケティング
必須ですよ。

 

では、行ってみましょーーー☆

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングとは?

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、

 

D (ダイレクト)直接的に

R (レスポンス)反応がある

M (マーケッティング)手法

 

 

DRMとも言われます。

 

 

一言でいうと、

 

読者さんに「返信」という行動を促すビジネスの手法のこと

で、

あなたの商品やサービスに興味のある
読者さんを引き寄せて、
その読者さんに対してセールをしていく方法です。

 

 

たとえば
テレビのCMってありますよね。

 

あれは、特定の人ではなくて不特定多数の人
に向けて広告を投げています。

 

あらゆる人の目に入らせる手法です。

 

これは、新規開拓するには
有効な方法ですが、
その分、莫大な投資が必要となってきます。

 

それに対して
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)は、
広告を出して何かしら返答してくれた
見込み客に対してセールスをしていきます。

 

 

 

 

 

不特定多数ではなくて1対1の構図になります。

 

例えば、化粧品の無料サンプルとかが
それに当たります。

 

無料サンプルを請求してもらうことで
行動を起こすことの敷居を低くし、
自然と購買しやすくつなげていく
効果があります。

 

また、DRMの場合は、
受け手のレスポンス(反応)によって、
マーケティングの流れを変更することも出来ます。

 

例えば、相手の求めているものを
アンケートで聞いてみたり、
メールや電話などのやりとりで
より深く情報を得ることもできます。

 

相手の事がより分かれば、
そこに突き刺さるコピーやマーケティングを
していくことが出来るので、
成約率も高くなることが出来ますよね。

 

それに、DRMは、先ほどのCMとは違って、
見込み客の反応を貰いながら、
セールスへと持ち込みます。

 

全く買ってくれそうにない人にまで、
コストを使う必要もないんです。

 

さらに、販売後のフォローやコミュニケーションを
続けることによって、リピーターとなってくれる
可能性も高くなります。

 

大きな投資資金力を持った一流企業であれば別ですけど、
私たちのような個人のビジネスマンは、
確実にDRMを導入した方が収益が上がるんです。

 

 

ネットビジネスの最強コンビとは?

 

そして、このネットビジネスにおいて
DRMを仕掛けていくのに適しているのが、
メルマガです。

 

例えば、サイトやSNSを
使ったセールスというのは、
先ほどで言うCM側に当たります。

 

どんな人が見てくれているのか、
不特定多数ですし、
こちらの一方的に発した情報に対して、
購入してくれるのを待つやり方です。

 

でも、メルマガの場合は、
一度、アクションを起こしてくれた
見込み客の人に対して、
PRを起こしていくことが出来ます。

 

自分のタイミングで、
情報を出すことが可能ですし、
見込み客に対して、商品やサービスの
良さを伝えていくのにも
順を追って徐々に伝えることが出来るので、
理解力も深まりますし、
信用や信頼も高まります。

 

 

これらのことを、
見込み客に対して

 

「教育する」

 

と言います^^。

ぜひ、覚えておいてくださいね☆

 

 

個人のビジネスでも、
爆発力をもって大きな収益を
あげることが出来るのが、
ネットビジネスとメルマガを組み合わせで、
最強のコンビだと言えます。

 

 

私も、この組み合わせで、
全くゼロのいつまでたっても
稼げなかった状態から、
たった5か月で24万円を達成。

 

今ではたった1通のメールで、
17万円を稼ぐことが出来るようになりました。

 

自分のビジネスとして、
きちんとネットビジネスを
続けていきたい、
稼げる人になりたいと
考えているのであれば、
このメルマガとDRMを組み合わせた方法
をお勧めします。

 

 

 

 

ネットビジネスの初心者から脱出するための基本スキルのノートをプレゼント中!(↓)

 

merumaprkoukoku

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ