京香です☆

今回は、「あなたはなぜアフィリエイトをしているのですか?」という質問から。

 

さて、楽しんでいきましょーーー☆

 

 

アフィリエイトをする理由

独身の人であれ、主婦さんであれ、
日々、自分のやるべきことがある中で、
更に加えて「アフィリエイト」に挑戦しようとしている人の方が多いと思います。

 

なぜ、あなたはそんなにアフィリエイトビジネスをしたいのですか?^^

 

「子供がいるので、そばにいながら稼ぎたい。」

「年齢的にちゃんと稼げるような仕事がもうない。」

「好きな時間に、まずは副業感覚から始められるので。」

 

それぞれ、いろんな理由があると思います。

 

でも、その理由を更に突き詰めれば、
ほぼほぼ「お金を稼ぎたいから」ですよね。

 

じゃあ、なぜ、そんなにお金を稼ぎたいのか?

 

といえば、何かを得ようと思ったら、この世の中「お金」が必要だからです。

 

では、どうしてそんなに得たいものがあるんでしょう?

 

 

この「得たいもの」については人それぞれ大小あると思うんです。

 

私のかつての同僚で、
「私はそんなにお金は欲しいと思わないんだよね。」という人がいました。

 

とてもナチュラルな人で、
旦那様も子供さんもいて、自分も仕事をしている普通の人でしたが、

 

「ないと困るけれど、別にお金をもっと欲しいなとあまり思ったことがない。
そこそこ、ちゃんと暮らせれば、欲しいものもあまりないし、私、それで全く構わないんだよね。」

 

と言っているのを聞いていた私は、最初は、

 

「何言ってるん?そんなわけないやんっ!」

 

って思ったんですけど(苦笑)、

 

彼女は本当にそう思っているらしく、

(こんな風に考える人もいるんだ・・・。)

とある意味では羨ましく思えたりしたことがあります。

 

もちろん、世の中にはこんな人もたくさんいるとは思うんですけど、
そんな人たちは、きっと自ら、アフィリエイトに挑戦しようとはあまり考えないはずですよね。

 

今に、ちゃんと満足しているから、
もしくは、私はこれでいいんだと自分に言い聞かせていて、
それで満足しようとしているから、

 

更に、自分に何かを課してまで、やる必要もないはずです。

 

でも、残念な事(?)に、私、京香なんかは、
あれもこれもやりたいわけです。
あれもこれも欲しいわけです(汗)。

 

それには「お金」が要りますね(笑)。

 

でもね、それも結局のところ、

 

自分の欲求を満たしたい わけです。

 

どんな欲求かは人それぞれですし、
その欲求の数も人それぞれですけど、
みんな、自分の欲求を満たしたい から
満たすために必要な手段、「お金を稼ぎたい」んです。

 

 

では、もっと突き詰めてみます。

 

なぜ、自分の欲求を満たしたいのでしょう?

 

それは、たぶん、
自分の欲求を満たすことによって、
自分が満足出来て安心した状態になれるからです。

rose

 

 

 

 

 

 

たとえ、その欲求が、

「子供が希望している私学の高校へ行かせてあげたい。」

 

というものであっても、
それは子供のためでもありますけど、
それを叶えることで、自分が満たされ、安心できるからなんです。

 

結局、人は「自分が満たされる」ことを求めて生きていて、

それがHAPPYだということなんだと思うんです。

 

稼ぐことは、あくまで「手段」です。

 

ここを間違えると、手段を手に入れてもすぐに手放してしまうことになるんだと、
ある人から教えてもらいました。

 

ここで、アフィリエイトには関係がないですけど、
私の大好きなブロガーさんを紹介します☆

「世界は自分で創る」

HAPPYさんという方のブログです。

 

「引き寄せの法則」関連ではかなり有名な方ですけど、
この方は、引き寄せの法則に興味を持って、
それを実践していこうと決めてこのブログに1日目から実践記を綴り始めて、
今や、何冊も本を出版し、セミナーをすると告知すれば数十分で完売になる程の人なんです。

 

実践していく過程が最初からリアルに残っていて、
試行錯誤しながら、実現していく過程も、
そのまんま綴られています。

 

マインド面でも勉強になりますけど、

 

彼女は「引き寄せの法則」という手段で実践、
私は、「アフィリエイト」という手段で実践
という視点で読んでいると、どんどん実現していく過程は、
とても勇気を貰えています。

 

私もHAPPYさんみたいに、
自分の興味をもったものと同じ共感を持てる人たちと、
いろんなHAPPYを創っていきたいなと思っています☆

 

いつも応援しています☆

 

一緒にがんばりましょう!!☆

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!