京香です☆

今回は、「インデックスされているかちゃんと確認しよう☆」です。

 

 

では、楽しんでいきましょーーー☆

 

 

無料ブログサービスを使ってのブログにしても、
ワードプレスやHTMLサイトなどで立ち上げたブログでも、
アフィリエイトをするために立ち上げたブログなら、
まずは、そのブログを検索エンジンにインデックスされなくては、
まるでお話しになりませんよね^^

 

 

まずは、あなたの立ち上げたサイトが
きちんとインデックスされているかどうか確認してみましょう☆

 

 

インデックスされているかの確認方法

 

それでは、あなたのサイトがインデックスされているかどうかは
以下のように検索窓に入力してみることで確認が出来ます。

site:自分のブログのURL

 

です。京香のこのサイトでいうと、

 

site:http://kyoukanet.biz

 

ということになりますね。

 

URLを入力するところではなくて、検索欄に入力してくださいね!

googlekensaku

 

 

 

 

 

これで、自分のサイトが表示されていればOKです。

 

通常、インデックスというのは、検索エンジンのクローラーロボットが、
リンクをたどりながらサイトを巡回して行きながら、インデックスしていくので、
たくさんの色々なリンクは貼ってある無料ブログなら、
勝手に何もしなくてもインデックスされるはずです。

 

 

 

もし、インデックスされていなかったら??

 

もし、インデックスされていない場合は、以下のことが考えられます。

 

1  まだクローラーがあなたのホームページに回ってきてくれていない。

2  スパム判定をされてしまっている。

 

 

 

1  クローラーがまだ回ってきてくれていない

 

回ってきてくれていないのであれば、
こちらからすぐに回ってきてくれるように仕向けてあげましょ☆

 

いくつか仕掛けていきますよーー^^
(これは、自分がブログを立ち上げたときに最初にやっておくと良いです^^)

 

まずは、こちらから、検索エンジンにブログを登録していきます。

 

Google Search Console

kensakuenjin2

 

 

 

 

 

 

 

1.あなたのサイトのURLを入力
2. チェックを入れる
3.リクエストを送信する

 

これでOK☆

 

このGoolgeをしておけば、Yahoo!も問題ないので大丈夫です^^。

もう一つ、Bingも登録しておきましょう。

 

Bingに登録する

bing

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.あなたのサイトのURLを入力
2. 認証画像を入力
3.送信する

 

これでOK☆

 

もう1つやってほしいことがあります。

 

 

Ping送信先を設定しただきます。

これについては次回の Pingを送信するって? で詳しく綴っていきます☆

 

 

2  スパム判定をされてしまっている。

 

あなたのサイトが、何かしらの要因でスパム判定されている場合、
検索エンジンからはインデックスから外されてしまいます。

 

例えば、ツールを使ってコンテンツをUPしていたり、
あまり内容の無いような記事をUPし続けていたりすると、
検索エンジンからペナルティーを受けてしまいます。

 

もし気になるようであれば、まずはこちらから確認してみてください。

 

Google Search Console

saisinsa

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上のサイトで、スパム判定されているか、
もしされていたら、その解除と再審査をしてもらうことが出来ます。

 

 

 

ブログ運営は、インデックスされてはじめて、用意スタート!って感じですから、
ブログを立ち上げたときにまずは、
こちらから、検索エンジンに登録していく方が良いですよ☆


そして、もしアクセスがグッと落ちたりした時は、
こういったスパム判定の可能性も
チェックしてみるのも必要かもしれません。

 

 

頭に隅にいれておいてくださいね☆

 

応援しています!

 

一緒にがんばりましょーーー☆

 

それでもやっぱり、私は自信がなくてうまくどうしたら良いか分からない・・・というあなた、
私と一緒に活動してみませんか?
そういった壁の破り方、スキル、仲間活動も含めての方法をお伝えします。
一緒に、女性ビジネスモデルを構築していきましょーー☆

♡♡ 只今、ブログランキングに参加しています!
ポチッと押していただけたら、めっちゃ嬉しいです☆ ♡♡


SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!